SIMロックは解除できる?【au iPhone6/6Plus】

基本的に日本国内向けに販売されている携帯端末は、契約したキャリア(通信事業者)の電話回線網しか利用できない。これは、契約キャリアのICカード(SIMカード)しか利用できないように制限(SIMロック)がかけられているからだ。

 

海外向けの携帯端末にはこのようなロックがかけられていないことが多く(SIMロックフリー)、通信規格さえ対応していれば、キャリアを気にせずSIMカードを入れるだけで通話・通信が利用可能となる。

 

ちなみに、アップルから直接購入した端末はこのSIMロックがかけられておらず、好きなキャリアを自由に選ぶことができる。

 

ただし、アップルはこのSIMロックフリー端末に対して「SIMが利用できるかどうか、およびSIMの詳細については、利用する通信事業者にお問い合わせください。」とアナウンスしている。動作保証や通信関係のトラブルも考えられるので、SIMロックフリー端末を利用する場合は注意が必要だ。

自分の電話番号を知るには?

従来の携帯電話では「設定」などにある「プロフィール」から自分の電話番号を知ることができた。iPhoneでは、ホーム画面の「電話」アプリを使う。「電話」画面の下部にある「連絡先」をタップすると、画面一番上に自分の電話番号が表示されている。

 

iPhoneを使うのにパソコンは必要?

iPhoneは単体で利用できるため、パソコンはゼって威必要ではない。とはいえ音楽CDの曲を取り込んでiPhoneに転送するには、PCやMacで専用ソフト「iTunes」を使う。また、iPhoneで100MB以上のアプリをダウンロードしたり、iCloudでのバックアップを行うにはWi-Fi(無線LAN)の環境が必須だ。パソコンとWi-Fi環境があれば、iPhoneをより便利に使える。

 

iPhoneが壊れたら?

iPhoneの保証期間は1年で、その期間内であればApple Storeなどで無償で修理(場合によっては新品交換)してもらえる。ただし落としたり、水没させたり、分解したりした場合は保証の対象外だ。なお、製品保証期間が1年延長され、破損、水漏れにも対応するアップルの「AppleCare+」(初回200円、2〜24回400円)や、紛失や盗難などが発生した際に再購入補償金が支払われるauの「紛失補償オプション」(525円/月初回のみ323円)など有償サービスも利用できる。

 

制限を超えないようにデータ通信量を確認したい

ホーム画面から「設定」の「モバイルデータ通信」を開けば、モバイルデータ通信の使用状況が確認できる。また「auお客さまサポート」では、機能までの利用料金/データ通信料の確認が可能だ。なお、データ通信料を節約するにはWi-Fi接続を使うのも有用だ。