iPhoneにアドレス帳データを移行する方法【au iPhone6/6Plus】

新しくiPhoneを購入した際に、もともと使っていた携帯電話の環境を再構築するのはなかなか面倒なもの。特に通話時に重要な「アドレス帳」の移行はその最たる例といえる。「

 

アドレス帳」の移行は「iPhoneから機種変更」「Android端末かたの機種変更」「auフィーチャーフォンからの機種変更」「他社フィーチャーフォンからMNP」といった、4つのパターンが考えられる。iPhoneから機種変更した場合だが、これはAppleのクラウドサービス「iCloud」を使ってバックアップを作成し、同期させるのが簡単だ。

 

Android端末やauフィーチャーフォンから機種変更の場合は「Friends Note」というアプリを利用する。auのフィーチャーフォンは、アドレス帳に「au oneアドレス帳」機能があるので、「Friends Note」のバックアップサーバーにデータをアップロードしよう。Android端末の場合は「Friends Note」アプリを導入してからデータデータをアップロードする必要がある。

 

アップロードしたアドレス帳データは、iPhone側に導入した「Friends Note」アプリを使って、アドレス帳のデータが移行できるようになる。最後に他社フィーチャーフォンからMNPの場合だが、パソコン用の「アドレス帳変換ツール」(無料)を使う。

 

外部メモリ(microSDカードなど)を使ってアドレス帳データをパソコンに移したら、「アドレス帳変換ツール」でアドレス帳データをiPhone用に変換する。変換したデータは、Dropboxなどのオンラインストレージやメーリを使ってiPhoneに送り、取り込もう。

 

 

1・iPhoneから機種変更

iPhoneから機種変更であれば、「iCloud」のバックアップ機能を利用する。同じ「Apple ID」を利用していれば、手軽に同期が可能。

 

2・「Friends Note」を使って同期

Android端末やauフィーチャーフォンから機種変更の際は、「Friends Note」アプリを利用する。auのフィーチャーフォンの場合はアドレス帳の機能から、Android端末の場合はアプリをダウンロードして、アドレス帳データをバックアップサーバーへとアップロードする。あとは、iPhoneに導入した「Friends Note」アプリからデータを復元するだけ。

 

3・他社フィーチャーフォンからMNP

「アドレス帳変換ツール」を使って、パソコンに取り込んだアドレス帳データを変換すると「PC→iPhone.vcf」というデータが作成される。このデータをメールやDropboxなどのクラウドサービスを利用してiPhoneへ移そう。