au iPhone6/6Plu もしもの時のセキュリティ対策

iPhoneの紛失に備えた設定をしておこう!

 

iPhoneを使っているとメールや連絡先など個人情報が蓄積されていくので、紛失したときの被害は甚大。こうしたリスクを少しでも減らすにはセキュリティ対策が必要。iPhoneには、搭載しているGPSを使って紛失したiPhoneがどこにあるか知らせる機能が搭載されている。

 

紛失したiPhoneの存在を知らせる為に、iPhoneからサウンドを鳴らしたりメッセージを表示する機能もある。最悪の場合に備えてiPhone上のすべてのデータを消去することも可能だ。こうした機能を使うには、iCloudサービスが提供する「iPhoneを探す」設定がオンになっている必要がある。この点を確認しておこう。

 

①・iPhoneのセットアップ時にiCloudを使う選択ししていれば、iPhoneを探す機能は自動的にオンになっている。

 

②・iPhoneを探す機能がオンになっているかは、「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」で確認できる。

 

③・「最後の位置情報を送信」をオンにしておくと、バッテリー残量が非常に少なくなったとき、iPhoneの位置情報を自動的にアップルのiCloudサービスに送信しておいてくれる。

 

④・「iPhoneを探す」がオンになっていると、iTunesから復元できないほか、iPhoneをリセットしようとしてもApple IDのパスワードを要求される。紛失したiPhoneを拾った人が勝手に初期化できない。

 

⑤・iPhoneで「iPhoneを探す」を無効にしようとしてもApple IDのパスワードがわからないとオフにできない。

 

iPhone紛失時にiCloudからできること

iPhoneを紛失してしまった場合は、PCやMacからアップルの「iCloud.com」ページにアクセスしてiPhoneの現在位置を確認しよう。iPhoneが見当たらない時、家や職場内など身近な場所にあるのか、それとも別の場所にあるのかがわかる。

 

iOS用に「iPhoneを探す」アプリの提供されているので、他のiPhoneやiPadから探すことも可能。身近な場所にiPhoneがありそうな場合は、最初に「サウンド再生」を試してみよう。探しているiPhoneが近くにあれば音をたよりにみつけられる。

 

「紛失モード」を選んで連絡先の電話番号とメッセージを入力すると、その内容がiPhoneの画面に表示される。紛失したiPhoneを誰かが見つけてくれた場合は、メッセージを見て連絡してくれる可能性が高まる。

 

「サウンド再生」や「紛失モード」を使って見つからない場合は、iPhoneから情報が漏れるのを防ぐために「iPhoneの消去」を行ってiPhone内のデータを消去しよう。ただしそれ以降、位置の検出やサウンド再生、紛失モードなどが一切できなくなるので最終手段と考えておこう。

 

①・iPhoneを探すには、WebブラウザでiCloud.comにアクセスしてApple IDとパスワードでサインインしてから「iPhoneを探す」アイコンをクリックする。

 

②・Apple IDに紐付けされているiPhoneの位置情報がマップ上で緑の●で表示される。状況によってはかなり正確な位置を把握できる。

 

③・iPhoneに付けられた名前もしくは「すべてのデバイス」がWebサイトのページ上部に表示されているのでクリックする。プルダウンメニューから目的のiPhoneを選択すると、「サウンド再生」や「紛失モード」などの操作などが行える。

 

④・「サウンド再生」を選ぶとiPhoneの画面上にダイヤログを表示してサウンドを鳴らす。「紛失モード」を選ぶと連絡先の電話番号とメッセージが入力できる。その内容がiPhoneの画面上に表示される。

 

⑤・「iPhoneの消去」を選ぶと、紛失したiPhoneを遠隔操作で初期化できる。すべての内容が消去されてしまうため、それ以降は位置検出や遠隔操作が一切できなくなるので注意が必要だ。

 

Apple IDを2ステップ確認に切り替えする方法

iCloudに関する操作のほか、iTunes StoreやApp Storeから曲・アプリなどコンテンツを購入する際には、Apple IDが必要。Apple IDとして登録したメールアドレス以外にもパスワードも要求されるので安全に見えるが、他人にIDとパスワードが知られてしまうと大変。

 

こうした危険性を排除する為にも、Apple IDでは2ステップ確認を使うようにしよう。2ステップ確認とはApple IDアカウントに変更を加えたりiCloudにサインインするときは、または新しいデバイスからiTunes StoreやAPP Storeでコンテンツを購入する際に、従来のIDパスワードのほかに本人認証を要求するシステムだ。

 

本人認証では、あらかじめ登録しておいた電話番号やiOSデバイスにSMSやメッセージに認証番号が送られる。その認証番号を入力しないとApple IDのアカウント変更やiCloudへのサインイン、新規デバイスからコンテンツ購入はできない。

 

つまり他人にApple IDとパスワードを知られても、iPhoneが手元になければ不正にサインインされたりコンテンツを購入される危険性が非常に少なくなるわけだ。iPhoneを安全に利用するためにも、ぜひこの2ステップ確認を使うように設定しておこう。

 

 

①・2ステップ確認へ切り替えは、「My Apple ID」のサイトで行う。「Apple IDを管理」ボタンをクリックしてApple IDとパスワードを入力してサインインしたら、画面左側にある「パスワードとセキュリティ」を選んで、2ステップ確認の「利用を開始する」をクリックする。メッセージに従って「続ける」簿t欄をクリックして先に進む。

 

②・SMSメッセージを受け取れる電話番号、すなわちiPhoneの電話番号を入力して「次へ」をクリックする。iPhoneに届いたSMSに記載された確認コードを入力して「確認」をクリックしよう。

 

③・これえでiPhoneの電話番号が信頼できるデバイスとして確認された。別の電話番号やiPadなどのデバイスを追加することもできる。

 

④・パスワードを忘れたり信頼できるデバイスを紛失したときのために復旧キーが発行される。印刷などして控えておこう。「続ける」をクリックして、発行された復旧キー入力し、「確認」ボタンをクリックする。

 

⑤・これで2ステップ確認を有効にする準備が整った。「2ステップ確認を有効にする」をクリックし、「終了」をクリックすれば作業は完了だ。

 

 

「通知センター」や「コントロールセンター」にも対応

「通知センター」や「コントロールセンター」は便利な機能だが、ロック時にアクセスできると他人にメールやメッセージのやり取りを除かれてしまったり、「機内モード」をオンにされてiPhoneを探す機能を使えなくされる危険性がある。

 

またロック時にバナーやダイヤログで通知された際に情報が丸見えになってしまう。ロック時の通知に関しては「設定」→「通知」で設定を変更できるので対策しておこう。コントロールセンターもロック画面からのアクセスをオフにしておけば安心。

 

①・「設定」→「通知」内の「表示」に並んでいるアプリを選んで「ロック画面に表示」をオフにしておけば、ロック画面およびロック画面からアクセスできる通知センターに、通知を表示しないようにできる。

 

②・コントロールセンターに関しては、「設定」→「コントロールセンター」で「ロック画面でのアクセス」をオフにできる。

 

パスコードアタックも対策

紛失時などになんどもパスコードを試されて破られてしまうと、個人情報が流失してしまう。こうした攻撃が不安な場合は、10回パスコード入力に失敗するとデータを消去する機能で抵抗できます。[設定]→[Touch IDとパスワード]に設定項目があります。

 

数字4桁以上のパスコードに

通常、パスコードロックは数字4桁を入力して解除しますが、英数文字の組み合わせによる複雑なパスコードにも変更できます。数字4桁では心配な人は、[設定]→[Touch IDとパスコード]で[簡単なパスコード]をオフにしてからパスコードを設定しましょう。