必ず使おう!コントロールセンターの便利技【au iPhone6/6Plus】

iPhoneの各種設定は「設定」から変更できるるが、コントロールセンターを使えばワンタッチで切り替えられる。

 

コントロールセンターを使うと便利なケース

1・コントロールセンターを表示する

画面の下端から上に向かってスワイプすると、コントロールセンターが現れる。

 

2・機内モードのオン/オフ

「機内モード」は電話回線やWi-Fiなどの通信を無効にし、飛行機などでも安全にiPhoneを使うための機能。ここでオン/オフを設定できる。

 

3・Wi-Fiをオフにする

「Wi-Fi」ボタンでWi-Fi接続のオンとオフを切り替えられる。速度の遅い公衆無線LANにつながってしまったときは一度オフにしてみよう。

 

4・Bluetoothのオン/オフ

Bluetoothのオン/オフもコントロールセンターから行える

5・おやすみモード

電話やメールの着信を鳴らさないようにする「おやすみモード」をオン/オフできる。

 

6・画面の向きをロックする

iPhoneには縦横の位置を検知して画面の向きを切り替える機能があるが、不要な時は向きをロックできる。

 

7・AirPlayの接続先を変更

AirMac Expressにつないだスピーカーや、Apple TVでiPhoneの音楽を再生したいとき、AirPlayボタンで素早く接続先を指定できる。

 

8・AirDropの対象を設定

コントロールセンターでは、AirDropの対象ワンタッチで切り替えられる。AirDropとは近距離のデバイス同士で、ワイヤレスでデータを共有できる機能のこと。

 

9・その他の操作

このほか「コントロールセンター」ではさまざまな操作を行える。「LEDフラッシュ」ボタンをタップすると、背面にあるLEDフラッシュを点灯したままにして、iPhoneを懐中電灯代わりに使える。

 

POINT!誤操作してしまうときは

何らかのアプリを使っていると、思いがけずコントロールセンターを表示してしまい、操作のジャマになることがある。こうした誤操作を防ぐには「設定」の「コントロールセンター」にある「App内でのアクセス」のスイッチをオフにしてみよう。ホーム画面やロック画面でしかコントロールセンターを出せなくなる。