写真や音声を送れるiMessage【au iPhone6/6Plus】

「iMessage」は、iPhoneやiPad、Macなど、Apple製品の間でやりとりできるメッセージサービス。

 

「メッセージ」でiMessageを送信する

1・「メッセージ」アプリを始動

SMSの場合と同様に、ホーム画面の「メッセージ」アイコンをタップしてアプリを起動し、画面右上のボタンをタップして「新規メッセージ」画面を表示させる。

 

2・「宛先」に相手のApple IDを入力

iMessageは、iPhoneやiPadなどのアップル製品でのみ利用可能。iMessageでやり取りをする場合は「宛先」欄に相手のApple IDを入力する。

 

3・メッセージを入力して「送信」

あとはSMSの場合と同じく、メッセージの入力欄に本文を入力し、「送信」をタップする。iMessageで粗素品されたメッセージは、青色の吹き出しで表示される。

相手もiPhoneなら「宛先」は形態電話番号でOK

相手側も携帯電話会社の回線契約があるiPhoneやiPadなら、「宛先」に相手の携帯電話番号を指定してもiMessageを送ることができる。相手側の設定状況によるが、電話番号を宛先にすると、基本的にはSMSよりもiMessageが優先される。なお、iMessageはインターネット回線を使うので、SMSの料金はかからない。

 

iMessageで写真や音楽を送る

1・「カメラ」ボタンをタップ

「メッセージ」アプリでは写真や動画を撮影し、それをiMessageで相手に送れる。まず「カメラ」ボタンをタップし、「写真またはビデオを撮る」をタップする。

 

2・写真を撮る

カメラが起動するので、シャッター持たんをタップして者h針を撮る。

 

3・「写真を使用」をタップ

撮影された写真が表示されるので、これでよければ「写真を使用」をタップする。

 

4・「送信」をタップ

「メッセージ」アプリの画面に戻るので、「送信」タップする。

 

5・音声メッセージを録音

「マイク」ボタンをロングタッチすると、その間、周囲を録音することができる。

 

6・↑をタップして送信

録音が終わったら「↑」をタップすると、この音声がiMessageで相手に送信される。

 

POINT!オーディオメッセージは2分で消える

iMessageで送信したオーディオメッセージとビデオメッセージは、初期設定では送信から2分後に自動で消えるようになっている。(受信側では再生完了から2分後)。これを消えないようにしたいときは、「設定」→「メッセージ」を開き、「有効期限」を「なし」に変更する。