充電方法!バッテリーを節約する【au iPhone6/6Plus】

iPhoneの充電は電源アダプタえお使ってコンセントから行うが、USBケーブルでパソコンとつないで充電する。

 

バッテリー残量の警告

1・バッテリー残量の警告

バッテリー残量が20%と10%を切ると、それぞれ警告が表示される。充電しよう。

 

2・バッテリー残量のマーク

バッテリーの残量が少なくなると、通常は白黒で表示されているマークが赤くなる。充電中もマークが変わる。

3・電源アダプタで充電

付属のUSBケーブルを電源アダプタにつなぎ、iPhoneを接続する。電源コンセントに繋いで充電しよう。

 

4・パソコンで充電する

USBケーブルとiPhoneをつなぎ、パソコンにつないでも充電できる。USBハブ経由では電量が足りないことがある。

 

5・バッテリーの節約1

「設定」の「一般」にある「Appのバックグラウンド更新」をオフにすると、多少バッテリーが節約できる。

 

6・バッテリーの節約2

「設定」の「プライバシー」にある「位置情報サービス」で不要なものはオフにしておこう。