便利な検索機能「Spotight検索」を活用しよう【au iPhone6/6Plus】

iPhoneには情報を縦断的に検索できる「Spotight」機能がある。メールや連絡先、アプリ名などを検索できる。

 

検索の基本的な使い方

1・検索の基本機能を呼び出す

Spotightを呼び出すには、ホーム画面を中央から下方向にスワイプする。なお、上端からスワイプすると通知センターが現れてしまう。

 

2・検索フィールドが表示される

検索フィールドが画面の上部に表示され、テキスト入力が行える状態になる。

 

3・テキストを1文字入力

検索したい言葉のうち1文字を入力してみよう。名前などを含んだ検索結果が表示される。

 

4・検索結果を絞り込む

入力した文字に続けて文字を入れると検索結果が絞り込まれる。1文字入力するごとにリアルタイムで検索結果が変わる。

 

5・さらに絞り込む

続けて文字を入力すると、アプリやWikipediaだけになったりする。

 

6・タップして実行

検索結果に項目をタップすると、アプリを実行したり、詳細を表示したりできる。

検索対象を設定するには

1・検索対象を編集しよう

Spotight検索はiPhone内のあらゆる情報が対象になる。メールにような個人的な情報が簡単に表示されるのを避けたい場合は「設定」→「一般」→「Spotight検索」を開く。

 

2・表示順を変更する

「メール」や「メッセージ」の順番を下に移動すれば、検索結果も下のほうに移動すれば、検索結果も下のほうに表示される。項目右側の「線」アイコンをドラッグして表示順を変更しよう。

 

3・検索対象から外す

Spotight検索の対象に加えたきない項目がある場合は、チェックの部分をタップして外そう。オフにした項目は検索結果に表示されなくなる。

 

Spotigh検索をランチャーとして利用

1・アプリが数多くある場合

iPhoneにアプリを数多くダウンロードした環境では、目的のアプリがなかなか見つけられないことがある。

 

2・検索対象をアプリに限定する

そのようなときはSpotightの対象を「App(アプリ)」に限定してみるのも手だ。

 

3・アプリのみが表示される

Spotight検索で文字を入力すると、検索結果としてアプリのみが表示されるようになる。目的のアプリが探しやすいうえ、タップで簡単に起動できる。