サイレントモードとバイブレーション設定方法【au iPhone6/6Plus】

電話の着信を鳴らないようにするのが「サイレントモード」(マナーモード)。「バイブレーション」も併用できる。

 

着信音が鳴らない「サイレントモード」

1・サイレントモードオン/オフ

本体横のサウンドオン/オフボタンでオン/オフをする。オレンジラインが見えているときがサイレントモード。

 

2・サイレントモードでも鳴る音

サイレントモードにしていても、アラーム(「時を計」アプリで設定)など鳴る項目もあるので注意する。イヤホンを挿している/挿していなくても異なる。特に、イヤフォンをしたままアラームを設定すると、本体からもアラームが鳴るので、外出中など注意しよう。

 

3・音量を調整する

iPhone本体の音量調整ボタンを使うと、iPhoneから鳴る音全体を調整できる。もちろん、着信音も調整される。

 

4・着信音だけ調整する

電話やFaceTimeの着信音だけを大きく/小さくしたい場合は、「設定」の「サウンド」を開く。

 

5・スライダで音量を調整

「着信音と通知音」のスライダで音量を調整する。「ボタンで変更」をオフにしておかないと、本体ボタンと連動してしまう。

振動で着信を知らせるバイブレーションを設定する

 

1・サイレントモード時

「設定」→「サウンド」の「バイブレーション」でバイブレーションを設定する。下のように設定すると、サイレントモードがオンのときのみ振動する。

 

2・常に振動させる

サイレンとモードのオン/オフ関係なしにバイブで知らせたい場所は下のように設定する。

 

3・バイブを変更する

手順1や2の画面で「着信音」をタップすると「バイブレーション」からパターンを変更できる。「なし」も設定可能。

 

個別にバイブレーションを設定する

電話の着信音が個別に設定できるように、バイブレーションも個別に設定できる。「連絡先」アプリで個別jに表示し、「編集」をタップする。「バイブレーション」をタップして変更しよう。着信音と違って覚えにくいので、重要な人だけ設定するのがおすすめ。

 

特定の人だでバイブレーションさせる

着信が多い場合、バイブレーションを設定しておくとジャマに感じることがある。その場合は、「設定」の「サウンド」で「バイブレーション」を「なし」にしておく。さらに「連絡先」アプリから個別にバイブレーションを設定すると、その人だけバイブレーションする。