「iBooks」で電子書籍を読もう【au iPhone6/6Plus】

「iBooks」アプリでは、電子書籍を買ってiPhoneで読書ができる。辞書と連携できるのも電子書籍の利点だ。

 

「iBooks」で電子書籍を購入する

①・「iBooks」を起動

ホーム画面の「iBooks」アプリをタップして、アプリを起動する。

 

②・「iBooks Store」で本を選ぶ

「iBooks Store」で文芸書やコミックなどの電子書籍を販売している。「カテゴリ」や「検索」などを使って、購入する本を選ぶ。

 

③・価格をタップする

購入する本が決まったら、価格ボタンをタップする。「サンプル」でその本の一部を”立ち読み”することもできる。

 

④・本を購入する

「ブックを入手」(有料の場合は「ブックを購入」)をタップする。すでにApple IDにサインインしている場合は、すぐにダウンロードが始まる。サインインしていない場合は、Apple IDやパスワードを入力して、「OK」をタップすうrと、ダウンロードされる。

 

POINT!雑誌はどこで買うの?

雑誌などの定期刊行物は「iBooks Store」の電子書籍とは扱いが異なり、「App Store」の「Newsstand」カテゴリにある。雑誌の場合は個別に閲覧アプリがあり、そのアプリ上で購入手続きを行う。また、購入した雑誌を読むときは、ホーム画面の「Newsstand」を使う。

購入した電子書籍を読む

①・「ブック」をタップ

画面下の「ブック」をタップすると、購入した電子書籍が表示されるので、読みたいものの表示をタップする。

 

②・指でスワイプして読み進める

電子書籍の内容が表示される。画面上を指でスワイプすることでページをめくることができる。

 

③・文字や背景を変えられる

「iBooks」で電子書籍を読むときは、フォントや文字の大きさを好みのものに変えたり、見やすいように背景色を変えることもできる。

 

④・文中の言葉を辞書で引く

電子書籍の文章中にわからない言葉がでてきたときは、その言葉えおロングタッチして範囲選択し、「辞書」をタップすると、その言葉の意味を調べることができる。

 

 

POINT!購入したコンテンツを家族全員で使える「ファミリー共有」

アップルから購入した音楽、アプリ、電子書籍などのコンテンツは、「ファミリー共有」によって購入者だけでなくその家族も利用することが可能だ。自分を含めて最大6人の家族でコンテンツを共有できるので、家族の誰かが一度購入したコンテンツは、ほかの家族が買い直さなくても済む。

 

ただし、「ファミリー共有」の設定を行うには、「管理者」となる人のApple IDにクレジットカード(またはデビットカード)が登録されている必要がある。